staff blog

名は体を表す か??

おはようございます
東京制作室の稲越(いなこし)です

先日、両親とともに誕生日を祝いました

母と私は同じ誕生日で
毎年、祝い祝われの一日です

今年は、母が見つけてくれた
美味しいフレンチをいただきました

。。。というおハナシではなく

生まれた記念の日に
改めてぼんやりと「名前」について
考えてみました

「名は体を表す」とことわざがありますが
名付け、ネーミングというのは
キャラクターを形成する一大イベントです

名前といえば、弊社の名刺はご覧のとおり

会社名ではなく
個人名が大きく印字されています

その人自身が際立つ印象的なデザインや
左下のMyColumn(簡単な自己紹介)について
お会いする方々から
コメントをいただくこともしばしばですが
私の場合、この画数の多い「稲越安澄(いなこしあずみ)」
について触れられることも少なくありません

「稲越安澄」
私はこの名前に表されているのでしょうか??
う〜ん。。。
ちょっとわかりませんが、もしこの名前ではなかったら
会うべく方々に会うことも、貴重な月日も
経験することはなかったかもしれず
こうして今、ブログは書いていないでしょう

人もモノもコトも
それぞれの名前だからこそ
成り立っているんだろうなぁと思っています

ちなみに私は母のお腹の中にいる頃
男の子と言われていました

その名も「久(ひさし)」
誕生後の候補には「若菜(わかな)」があったそうです
久くん、若菜さんだったら、今何をしていたかな〜


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動