staff blog

どんな世界に見えるのかな?

おはようございます。
大阪制作室 三木チーム 江連です。

先日インターネットの記事で気になる物があったので、
ご紹介させていただきます。(隣に座っている濱津君が見せてくれました。)
それは、「1億以上の色を知覚できる「スーパービジョン」を
持つ女性が12%もいる可能性がある」という記事でした。

通常、人が見分けられる色の数は約100万色ということなので、
なんと100倍以上の色が見分けられているということになります。
ごくわずかの人しか能力を発揮していないようですが、
色を使って表現をする仕事をしている、
私たちとしては気になるところです。(音楽で言う絶対音感的な物なのでしょうか)

特色チップだけでもこれだけあるのに、1億色?
あまり想像がつかないです。

それだけ認識できると言うことは、
私たちとはまた違った見え方がしてるのでしょうか?
テレビでも1色増えるだけでとても鮮明になっているので
もしかすると景色などもより美しく見えてたりして、
そうならうらやましいですね。(その分目への負担も多い?)

女性の方に、多いようなので私は可能性がとても薄いですが、
シンコムには多数の女性スタッフがいますので、もしかすると・・・・。

男性には何が・・・・。

色数は少なくても人にインパクトや感動は伝えられる思いますので、

無い物ねだりはせずに努力でのばせるところは伸ばしていきます。

気になる方はこちらをご覧ください。
http://gigazine.net/news/20120625-super-human-vision-tetrachromats/

ここからは余談です。

江連的にたとえるなら、
ゲームでたとえると「一般の人=PS2」で「スーパービジョンの人=PS3」言い過ぎ?
もしくは、「一般の人=DVD」で「スーパービジョンの人=ブルーレイ」
ぐらいの違いがあるのかなとかってに想像しています。

色と言えば私の好きなゲームも色で
どんどん進化をしています。

ファミコン 最大同時発色数 52色中25色
スーパーファミコン 最大同時発色数 32768色中256色
プレイステーション 1677万色(良くいわれるフルカラーの色数)

これ以降のゲーム機はフルカラーは当然で、
ポリゴン数とハイビジョン対応が異なる感じです。

プレイステーション2 6600万ポリゴン
XBOX360 5億ポリゴン
プレイステーション3 はっきりとした数字は発表されていませんがXBOX360の倍は
出せるという記事を見た記憶があります。

ゲームもすごく色が使えるようになっていますね。
ただ、ファミコンからスーパーファミコンになった時の感動を超える物は
これから無いかもしれないな・・・・。
今考えると256色であんなに感動していたなんて・・・。

長文すみません。
ありがとうございました。


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動