staff blog

シンコム文庫7「モダンタイムス」

大阪制作室の吉永です

今回は私が結構好きな作家さんの一人、伊坂幸太郎さんの「モダンタイムス」をご紹介!

モダンタイムス(上) (講談社文庫)

この作品は社会を覆う巨大なシステムをテーマに書かれていて、主人公の渡辺拓海がある仕事をきっかけにどんどん巻き込まれていくといったストーリーです。
作中に出てくるキャラクター達も面白くて中には「井阪好太郎」という同名のキャラもでてくるあたりが作者の遊び心なのかけっこうツボです!
この「井阪好太郎」は話の中でいろいろ名言(?)を語ります、中でも「人生は要約できない」という言葉が一番心に残った言葉で、何気ない日々の積み重ねがその人の最も大切なものなんだってことを言っていてすごく共感できる言葉でした。
他にも面白いセリフや逸話なんかが伏線となってストーリーと絶妙に絡みながら進んでいきます。

この作品は以前に書かれた「魔王」の続編になる話で「魔王」に登場したキャラも出てくるのでそのへんも見所のひとつです。「魔王」未読の方は先にそちらを読んでからの方が楽しめますよ!


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動