staff blog

桜と共に散った桜花賞

大阪制作室 松木チームの酒井です。

先週末にて代表とスタッフ5名で阪神競馬場へ。

桜と桜のレース(桜花賞)を楽しんできました。

(前日の雨で桜がやや散り始めていたのが残念でした。)

今日は酒井のリアル競馬場体験レポートをお送りします。

 

ではさっそく

競馬場に近づくと大きく桜花賞の看板が…

入り口を進むにつれてワクワクとドキドキが止まりません!?

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、入り口抜けるとすぐに、パドックがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここではお馬さんの発走直前の仕上がりを見極める場なのですが、

なんせ素人なのであの馬毛艶がいいね!とか、落ち着いてるね!

とか全然わかりませんでした…

ただサラブレッドの気品は感じました!

でもレースの迫力はまた一段と違って、やはり

走るために生まれただけあります!もの凄く速い!

 

これがレーススタートの瞬間です!

?

 

 

 

 

 

 

目と鼻の先で駆け抜ける迫力と馬の筋骨隆々な足に目を奪われました!

ゲート手前での1ショット。意外とぎりぎりまで寄って撮影できるので

今度は、望遠レンズで色々撮ってみたいと思いました。

 

 

 

そして気づけば今日のメインレースでした。

スタートと同時の歓声。中盤を抜けゴールに近づくごとに高鳴る心臓と

手握る汗、ゴール直前では、今日一番の大歓声が沸きました。

 

目の前を駆け抜けるサラブレッド達です↓

 

 

 

 

 

 

 

 

果たして結果は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと松木が枠連を獲りました!

私は今回、残念な結果でしたが、こうした重賞レースならではの

緊張感と一体感は、ここ競馬場でしか味わえない

醍醐味だと思いました!

 

 

また出向いてみたくなるそんな一日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

来年こそは桜を満開に咲かせます!!


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動