staff blog

色の商標。

おはようございます。
東京制作室の武田です。

お仕事で「商標」や「特許」の話になることも多いのですが
最近気になる記事を目にしました。

これまでだと「商標登録」といえば、
商品名やキーワードなど【言語によるもの】と決まっていましたが、
欧米では『動き』『ホログラム』『輪郭のない色彩』
『位置』『音』『触覚』『におい』『味』など様々な商標があるそうです。
中でもわたしが気になったのが『輪郭のない色彩の商標』。
「微妙な青でしばしばロビンズエッグブルー
(コマドリの卵のような薄緑がかった青色)」で
「香水、テーブルウェア、宝飾品など」の箱に使用される
というと何の色かわかりますか??

商標登録されてる色

 

 

 

 

正解はTiffany and Company。
たしかに「ティファニー ブルー」という言葉も通じますもんね。

他にも有名なところだとこんなものが。
商標登録されてる色

 

 

これまで日本では「色彩は文字、図形などと合わさってはじめて商標の構成要素となる」
と認識されており、欧米の「色彩のみからなる商標」は
保護対象とされていなかったのですが、
先月6月の会議で「諸外国の例を参考にしつつ検討する」
というところまできたそうです。
詳しくはコチラ

なので日本でも、色や音を単独で商標登録出来るようになったそうです。
色をRGBで登録してるみたいなのですが、
これ数値を少しだけ変えて「違う色だよ!!」
とか揉めそうだな…と思いますけどね。
どうなんだろう。

「白地に赤十字は標章」だったり、ほんとはもっとあるんでしょうね、こういうルール。
作る側として知っておかなきゃいけないですね。


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動