staff blog

真夏の六本木

東京制作室の高木です。

先日映画を見に六本木ヒルズに行ったのですが、
入り口を上がったところに異様な光景が。

doraemon

大量のドラえもん!!!!!
玄関前広場「66プラザ」にかけてそれぞれ表情の違うひみつ道具を持った
66体のドラえもん。すごい。凝縮感がすごいです。
こちらテレビ朝日・六本木ヒルズが主催する夏祭り
「SUMMER STATION」の展示です。

 

dokodemonoa

そしてこちら、CMでもやってる「ど こ で も ノ ア」!!!!!!
夏ならではの展開の仕方をしているフォトポイントです。
どこでもドアの奥が南極みたいになっていて、ひんやり感も味わえる写真が撮れます。

 

トヨタ「Re:BORN」プロジェクト。
20年後のドラえもんの世界を舞台に
ドラえもん役にジャン・レノを起用したりと
CMもそうですが、他の展開と一線を画す尖りっぷりを感じますね。
今読んでる書籍の冒頭に
「尖っている企画と売れる企画は必ずしもイコールではない。
誰も見たことが無いモノを作ることが大事なのではなく
社会からちゃんと求められなくてはならない」という文があります。
尖った目立つプロモーションにこそ、
粗の無い確固とした根拠や
普通の企画よりも緻密なバックボーンが
隠されているのかもしれない・・・
もしやあのジャン・レノも細かなリサーチに基づいた起用・・・
と一人でどこでもノアの前で唸っていました。

 

偶然SPツールに遭遇して
映画がどうでもよくなるくらい見て歩きました。
他にも六本木ヒルズでは8月24日まで様々なイベントがやっているので
足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動