staff blog

おいしそうな名前を考えよう!

おはようございます
東京制作室の稲越です

先日スタッフで近くにオープンした
ラーメン屋さんへ行きました

その名も「二階堂」
通勤時に前を通るたび
「おいそうな名前!」と期待をしていたお店です

blogpic160606_oishiname

そんな記憶の延長から お店へ向かう道すがら
「他にどんな名前だったらおいしそうですかね?」
と勝手にラーメン屋さんの名前を考えてみることに
「轟」「響」「八雲」ナドナド

どうやら読みや書きが少し難しく
重みのある漢字がよさそうだ
というところに落ち着ちつきました

そういえば以前
友人と持ち寄りパーティーをしたときのこと
「持参した一品を つい食べたくなるような名前をつけて紹介しよう!」
という 手料理のハードルを上げる苦しいあそびが誰ともなく始まり
「ゴロゴロ野菜のラタトゥイユ」
「産直!瀬戸内レモンの特製レモネード」(ホントはアメリカ産)
「3種チーズの濃厚キッシュ」(ホントは1種類)
などと紹介し合いあったのを思い出しました

どうやら擬音語や産地を盛り込むのは効果的!

。。。いつか仕事で活かせる日がおとずれますように
活きるかな。。。


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動