staff blog

3月9日

みなさまこんにちは。
東京制作室の大矢です。
本日3月9日といえば、レミオロメンの名曲「3月9日」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
卒業式で流れるイメージがある曲ですが、実はメンバーの友人の結婚式のために作られた曲で卒業式とは何も関係ないらしいです。笑
中学生から高校生の頃に良く聴いてたこともあって、レミオロメンは個人的にちょっと思い入れのあるバンドだったりします。
中3の修学旅行のバスの中で「南風」を聴いて、「めっちゃええ曲やん!」と。。。懐かしい。。。
「粉雪」の大ヒット以降、一躍大人気歌手の仲間入りを果たしたレミオロメンですが、以降はそれまでの「いかにもインディーズロックバンドが作ったいい意味で荒削りな曲」から「人気バンドが作ったポップでキャッチーな曲」に変化していき、バンドの方向性が迷走してるように感じたのを覚えています。
「立つんだジョー」が発表された時はさすがにビックリしてしまいました。どう考えてもちゃうやろと。笑
「粉雪」「3月9日」を始め、「茜空」「太陽の下」など映画やCMとタイアップした曲は皆さんも聴いたことがあるかもしれませんが、個人的には活動初期の曲も是非聴いてみて欲しいところです。
「電話」とかめっちゃいい曲ですから。。。
ちなみに。。。
ギターボーカルの藤巻さんはレディオヘッドのファンらしく、レミオロメンの「レ」はレディオヘッドの「レ」から取ったものなんだとか。
曲にもその影響は現れており、「プログラム」という曲はレディオヘッドの「airbag」とよく似ている構成になっています。
レディオヘッドについて語りだすともう止まらない気がするので今回はここらへんで。。。

comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動