staff blog

「勁草」

すっかり真夏のような暑さ!とはいうものの、
平日は事務所にいると快適で、
季節を感じることが少なくなったなと思っている
大阪制作室の関谷です。

「勁草」とは、直木賞作家 黒川博行さんのオレオレ詐欺をテーマにした小説。

オレオレ詐欺は、資産家のお年寄りがターゲットとなり、
お金を騙し取られるというのが一般的な感じで、
小説の中でも犯人グループはターゲットの資産や家族構成などを調査し実行に移す。

しかし最近ではそんな手法も知れ渡り、通用しなくなったのか、
少し様変わりしてきたようです。

先日、我が家にこのようなハガキが届きました。
家には資産もなければ、それほど高齢でもないのに。
「下手の鉄砲、数打ちゃ当たる」ということなのか、
もう少しちゃんと調べて出せよ!と言いたくなります。

国民生活センターに問い合わせたところ、
最近、私が住んでいる生駒や奈良市がターゲットになっているようです。

会社のメールにも身の覚えのない請求メールが来たりしていると思いますが
みなさん、くれぐれもお気をつけください。


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動