staff blog

気分転換

大阪制作室の露久保です。
今月は大阪に生まれて初めて体験するような強い台風が訪れ、
翌々日は故郷の北海道で大地震が発生して、
自然の恐ろしさを改めてつきつけられた気がしました。
被災された地域の皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

私は幸い自宅も実家も大きな被害はなかったのですが、
じっとしているとどうしてもニュース映像などを
くり返し見てしまうので、ちょっと気持ちを切り替えたいな、と
京都で開催中の東山魁夷展に出かけてきました。

沿線もまだ台風の被害を受けた家が多く、
地下から出てくると、三条大橋たもとの柳の木も
台風で中程から折れてしまっていました。

駅から美術館まで15分ほど歩くのですが、
気がはやっているせいかいつも早足になり、
着く頃には毎度汗だくになっている気がします…。

絵はどれも神々しいくらいの美しさでした。
よく「日本人が一番好きな画家」などと言われますが、
確かにとにかく心の奥の原風景というか、
「懐かしさ」をぎゅうっと突かれる感じがします。
実は昔、母に札幌の美術館で開催された魁夷展に
連れて行ってもらったことがあり、
当時も子供心にきれいだなーと見とれたことを覚えているのですが、
この年になって見てみると、
そのきれいさに当時とは比べ物にならないくらい
感動してしまったので驚きました。

それと今回の見所のひとつ、改修中の唐招提寺から
代表作でもある襖絵の御影堂の壁面まるごと再現展示は
今後もなかなか見られないのではと思いますので、
興味のある方はぜひお見逃しなく!

それにしても、昔は年を取るといろいろと鈍くなってしまうものなのかなあ
などと思っていたのですが、そんなことばかりではないみたいです。
おばあちゃんになる頃、また見たいです。


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動