staff blog

立ち寄りの立ち寄り

銀座制作室の斎藤です。

そろそろ今年のアウターは何にしようかなと
考える季節になって参りましたね。
気がつくと服のことばかり考えています。

SNSを中心に、好きなブランドの新作アイテムや、
お店の入荷情報等をチェックするのが
通勤中のルーティーンになっています。

そんな話はさておき

先日、よく服を買いにいくお店に
洋服を見にふら~っと立ち寄ったのですが、
同じビルの中で何やら面白そうな展示会が開かれていたので
こちらもふら~っと立ち寄ることにしました。

その名も「2018年のフランケンシュタイン バイオアートにみる芸術と科学と社会のいま」

タイトルだけじゃ何なのかさっぱりわからなかったので
概要を読んでみるとどうやら、小説家メアリー・シェリーが
「フランケンシュタイン」を発表して今年で200年が経つようです。

「フランケンシュタイン」で提示された問題に焦点を当てた
国内外のアーティストを中心に様々なバイオアート作品が展示されていました。


蘇生するユニコーン/平野真美


やどかりに『やど』をわたしてみる/AKI INOMATA


ストレンジャー・ヴィジョンズ/ヘザー・デューイ・ハグボーグ


BLP-2008:DNAブラックリストプリンター/BLC

ふらふら~っと買い物に行ったつもりが
いつの間にか色々考えさせられる、、、。

予期しないところで新たな発見に出会えると
少し得した気分になりました。

皆様も色んな場所に立ち寄ってみては如何でしょうか。


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動