staff blog

大阪制作室の松木です。

先日、ドライブの情報誌をパラパラと見ていると

迫力あるコンクリートの建造物が目にとまり、

どこの何だろう?と気になりもう少し詳しく見てみると

兵庫県朝来市にある『神子畑選鉱場跡』という

近代化産業遺産であるとがわかりました。

(この目で見てみたい!)

ちょうどこの時期、朝来市の岩津ねぎ(日本三大ねぎの一つ)が解禁になるので、

岩津ねぎゲットとドライブを兼ねて出かけることに。

実際に見てみると、跡地となった今でも結構な迫力・スケール感があり、

現役時代はさらに凄い光景だったろうなと想像させられました。

こんなところです。

今はコンクリートの基礎だけになっていっますが、

この段々に建物が並び24時間稼働、当時は不夜城と呼ばれていたそうです。

興味のある方は、ぜひどうぞ。


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動