staff blog

五輪エンブレム

銀座制作室の中崎です。
先日、東京大学で開催された形に関する学際シンポジウムに参加してきました。
僕には無縁、ちょっぴり恐いぐらいに思うその会へ出向いた目的は
五輪エンブレム「組市松紋」をデザインした方の講演を聞くためです。

五輪エンブレムのデザインは一般公募でしたので、僕も挑戦しました。
募集要項をもとに、東京の特徴やオリンピックの歴史を調べたり。
落選ではありましたが、オリンピックには少なからず愛着が沸きました。
ですので、これまでもエンブレムに関連したイベントや書籍が出ると
アンテナを張ってきました。

今回は満を期して当事者の野老さんとご対面。
生で見る野老さんは、人の良さが滲み出ていて、話し方もとても優しい口調でした。
されているお仕事の紹介があり、普段僕らが触れ合っているデザインとは
全く違った世界で、数学や建築に寄り添った領域のようでした。
ユニットで構成された模様が、平面上はもちろん、多次元を縦断して。。
想像はしていましたが、それをはるかに超える展開の奥深さに感服でした。

全体を通しても素晴らしいシンポジウムで、僕は会場の誰よりもうなずいていました。

一つだけ残念なことがあり、全てにおいて英語を用いていたことです。

翻訳も無かったので、東大はしばらく距離を置こうと思います。


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動