staff blog

さかいの話

おはようございます。
大阪制作室の芝野です。

少し前の話題になるのですが、私が住む堺市にある
百舌鳥古墳群(鍵穴の形をした巨大な前方後円墳)に
世界遺産登録の勧告があった、とニュースになっていました。

堺市と言えば、古墳以外にも包丁や自転車が有名だと思うのですが、
少し歴史を調べてみると、それぞれがつながっているのを初めて知りました。

簡単にまとめると、
縄文時代、古墳を掘るための道具に鉄が使われていたため、鉄を加工する技術が発展。
さらに戦国時代には、その鉄の加工技術と部品を分けてつくる
分業生産を取り入れて、鉄砲の大量生産に成功。
そして鉄砲が衰退すると、時代の需要に合わせて今の包丁や自転車の生産に変わっていった、
ということでした。

また、お茶文化の影響で老舗の和菓子屋さんもたくさん残っています。
去年「堺W-1グランプリ」と銘打った和菓子のイベントが開催されて、
堺市にある老舗の和菓子店がこぞって出店。
食べ比べができると、大変好評だったそうです。

そのグランプリに選ばれたのがコレ!

古墳焼。
出来過ぎ感…

食べてみるともちもちで美味しい!
グランプに選ばれた和菓子屋さんは、
昔から利用している家から徒歩3分のお店と聞いてびっくりです。

何故か堺市愛たっぷりのブログになってしまいましたが、
もしお近くに来られることがあれば、
古墳とセットで和菓子を楽しんでみはいかがでしょうか。


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動