staff blog

大きいことは良いことだ!

東京制作室の北村です。

いきもの大好きです!
この夏、国立科学博物館で3年ぶりに開催される「恐竜博2019」が今から楽しみです。
(ナイトミュージアムのチケット取りました!)

さて、この展示会に先だって面白い技術がリリースされていました。
恐竜超AR(めちゃくちゃバッテリー食います。さすが大型恐竜)
『AR(=拡張現実)により、高精細CGで再現された迫力ある恐竜たちが現代に降臨。』
え・・・そんなん・・・最高です・・・!(語彙力を失う私)

 

早速会社で試してみました。
デカ!!!!


(もはやサイズ比がよくわからなくなってしまったむかわ竜)
100%だと画面に収まらない・・・

 

サイズも変えられるので40%とか20%とかに設定すると
手乗りや膝乗りサイズのペット感覚で写真が撮れます。


我が家に恐竜をお迎えできるなんて・・・!!
言葉を失い合掌する私。

なお、どうしても100%のサイズを実感したく、
近所のお寺で再チャレンジ。なぜお寺かというと敷地が広いから。絵面はミスマッチですが。
複数枚をつなげたこれ・・・大きさわかりますでしょうか・・・?

あー・・・かっこいい・・・好き・・・
皮膚の質感が良い・・・!

本当は丹波竜で再現したかったのですが、オーバーサイズすぎてどう頑張っても再現できず・・・
クレーン車くらいのサイズなんですよね。

(丹波竜の足と人)

ちなみにサイズをより実感したいのであれば「リアルサイズ古生物図鑑」が大変オススメなので、
いきもの好きの方はぜひ・・・ぜひ・・・。


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動