staff blog

ランドセル

大阪制作室の辻です

我が家の娘も来年から小学生、
そろそろランドセルを購入せねばと先日
梅田にあるランドセルのショールームを何件かまわってきました。

私個人としては、6年間使うものなので
丈夫で長持ちしてくれればそれでいいかな、程度の感覚で軽く考えていましたが
今時のランドセルは、色も形も様々なタイプが揃っており、
また、パッと見は同じでも、重さ、素材、耐久性、クッションなど、
各ブランドごとに比較検討できる要素がたくさんあるので
見れば見るほど、どれを購入すればいいのかわからなくなってしまいました。

普段使いのカバンなら、なんとなくの雰囲気で購入できますが
長く使うもの、それもなかなかのお値段がするものなので、
そりゃショールームを何件もまわってしまいます。

しかし、どんなに考えて買ったところで、子供のカバン。
最初は丁寧に扱ってくれても、次第に乱暴に扱われていくんだろうな…
などとも思っております。

私自身も思い返してみると、
高学年になる頃には、枕がわりに昼寝などをしていたこともあり
ランドセルはペタンコになっており、適当に置きっぱなしにしていたので、
飼い猫の爪とぎにもつかわれ、表面はボロボロになっていました。

そんなことを思い出していると、
同時に親はどんな思いでそのランドセルを買ってくれたのか、
みたいなことも考え、少し感傷的な気持ちにもなりました。
(今なら枕がわりにしていた事を激怒されたことも納得できます汗)

そんな感じで乱暴に使っていた私のランドセルですので、
6年間の役目を終えるとあっさり処分されたわけですが、

何件もまわり、悩んで購入した娘のランドセル。
ましてやこれから6年間の思い出が詰まっていくわけですから、
たとえ娘や嫁がいらないと言っても、私は捨てることができるだろうか…
そういえば、使い終わったランドセルを使って、かさ張らない小さいランドセルを
作ってくれたサービスがあったな…などと今から6年後の心配をしております。

とはいえ、娘が産まれてから、これまでの6年間がそうであったように、
これからの6年間もあっという間なんでしょうね。


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動