staff blog

つよみ

東京制作室の矢久保です。

偶然にもブログ担当の本日、誕生日をむかえました!
自分で言っちゃうのちょっと恥ずいですね・・・
ともかく、年齢をいやでも意識する日です。
この日が近くと、自分は思い描いた大人像に近づけているかな?という考えが
より頭を占めるようになります。

みなさんは自分の「つよみ」言えますか?

私は今年年女でして、24になったのですが、
この歳になった今でも自分に自信がなく・・・
なんでか考えてみたら、自身で納得してこれ!と言える
「つよみ」がないんだな、という点に至りました。

そこでつよみを持とう!と考えるのですが、
この考えのまま進むのはちょっと難しかったので、
「よわみ」を克服するという視点で小さいことから始めてみました。

一例、とは言え、しょぼすぎて言うほどのことでもないんですが、
「5分以内の遅延をなくす」というのを先月からやってました。
無理して達成する日もあったのですが、
今月のタイムカードには遅延の文字がなくなりました
少し気持ちがいいです。

来月は平均10分前出社を目指してます。

時間の管理の仕方が変わるので、そんなに頑張らなくてもいーかな、と
自分を甘やかないか少し心配ですがやってみます。

あと、最近心がけているのは「抽象的な感情や事柄を言語化する」こと。
この言葉自体もだいぶ、あいまいなんですが、
何かと言うと、人に話を整理して伝えることが苦手というところから
発想したものです。

これを意識するうちに考えを整頓し直すことが増えました。

部活をやっていたときに、顧問の先生にいただいたアドバイスで
「もっと貪欲に」というのがありました。

今までは貪欲=高いハードルをよじ登ることだと思っていましたが、
手近にできることからどんどん始めることだと言う考え直すようになりました。

この心がけの行きつくところは、スティーブジョブスのプレゼンのように
誰にでもわかる言葉で説明できるようになることだと思ってます。

このブログを読み返してみても小難しい言葉が多くて
たぶん活字が苦手な人は、この記事を読むのもかなりしんどいんじゃないでしょうか・・・笑

この時は全然できてないな、と言うのをあとで振り返るための記事にしようと思ってこんなテーマを書いてみました。人が理解するのにしんどさを感じにくい言葉をあやつれるようになるのが目標です。

お仕事でも「つよみ」を意識することが増えてきました。
まだはっきりと言えるものがなく、今までの時間を無駄にしていた、という思いにとらわれていました。

そんな中社長から今まで何やっていたんだと思うくらいでいいとのアドバイスももらったので、
以前のように焦りの気持ちでいっぱいになって空回りしないように大切に積み重ねていこうと思います。
のんびりもできないのが現実なんですけどね!

憧れの姿を頭に描きつつ、唯一無二の自分になっていきたいと
考え直した今日この頃の私でした!

 

雨降って地固まる!

 


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動