staff blog

画集

大阪制作室の南です。

昔はよく画集を買っていました。
漫画家さんのものがほとんどですが。

先日本棚を漁っていたらそれらの一部が出てきました。
安倍吉俊さんの「An omnipresence in wired 『lain』」

冬目景さんの「百景」

浅田弘幸さんの「骨の尖」

安倍さんはPCを使って描かれるデジタルな線や色使いが素晴らしく
観ていてダークな色と色の間の妙が心地よいです。

冬目さんは女性独特の繊細さと男性にも勝る強さの共存が素晴らしいです。
漫画寄りのタッチより絵画寄りのタッチの方が好きです。

浅田さんは男性らしくない線の使い方と淡い色使いが好きです。
構図や人物の表情などもカッコ良いです。
最近画集を買っていなかったので、また本屋で探索してみようかなぁと思っていました。
そんな時、画集が見たい!と思う漫画家さんが見つかりました。

「とんがり帽子のアトリエ」を描かれている白浜鴎さんです。

個人的に描き込まれた線の多い絵はあまり好きではないのですが、
白浜さんの絵は線が多くても鬱陶しくない。
むしろその線が存在感、雰囲気を一層つくっています。

しかし残念ながら白浜さんはまだ画集を出しておられないようです。
期待をしつつ漫画のコマ1つ1つ描き込まれた世界を堪能しておこうと思います。


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動