staff blog

Adobe

大阪制作室の吉永です。
今回は普段の仕事でもお世話になっているAdobeから新しいソフトを紹介したいと思います。

一つ目は今年の9月にリリースされた「Fresco」です。
とにかく多機能なペイントソフトで絵の具の表現度がすごいです!
絵の具の混ざり方やにじみ具合が他のソフトには無いものがあります。
ラフスケッチや本格的なイラストまでいろいろなタッチで描くことが出来るので
使いこなせたらデザイン表現の幅が広がりそうです。
CCユーザーなら全ての機能を使うことができるので興味のある方はぜひ体験してみてください。
 

 

 

 
 
二つ目は今月リリースされたばかりの「Photoshop for iPad」です。
ようやく出たかって感じですが、今の所はデスクトップ版に比べて機能が限定的なようです。
レイヤースタイル使えなかったり、文字関連があまり使えなかったりしますが、
とは言えPSDが使えたりクラウドでデータが共有出来たりするのは便利だと思いました。
 

 

 
 
試しにFrescoを使って最近観たJOKERを描いてみました。
ブラシの種類がたくさんありすぎて使い切れない…。

これからは新しいソフトやサービスを使う事でデザインや仕事のやり方を変えていく事も大切だと思います、
今回紹介した二つのソフトもそんな新しい創り方の可能性を感じるものでした。
来年にはiPad版のillustratorもリリースされる予定なので今から楽しみです。


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動