staff blog

推理

大阪制作室の南です。
最近ここでは本の話ばかりになっている気がしますが、今回も本です。
本と言っても漫画なんですが。

最近読んでいるのは
ミステリと言う勿れ(田村由美)
「BASARA」や「7SEEDS」など有名な作品を持つ少女漫画家さんですが、
これまでのファンタジーなイメージとは異なる現代推理漫画です。
主人公の独特な風貌と偏屈だけど憎めないキャラクターで暗い事件を
ほんわかと且つ的確に推理していきます。
他人とは違うモノの捉え方が面白くて「なるほどなぁ」と感心してしまいます。

もうひとつは
薬屋のひとりごと(日向夏/倉田三ノ路)
こちらは小説が原作の漫画です。
同じ原作を2誌で2人の漫画家さんが漫画化されている特殊な漫画ですが、
私は小学館刊の方を読んでいます(若年層にはスクウェア・エニックス刊の方が人気なようです)。
中国「風」の帝国で、官女が王宮内の事件を薬学で解くミステリーです。
主人公が物怖じせず漂々と自身の知識で解決していく展開が楽しいです。
個人的に恋愛要素が少し邪魔な気もしますが。


最近どうやらミステリー・推理もの傾向なようです。
どちらもミステリーですが、私が読むものなのでそんなにややこしい内容ではありません。
興味があるようであれば一読ください。


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動