staff blog

今年をふりかえる

今年もあと4日。
今年最後のブログとなりました。大阪制作室の関谷です。
今年はコロナにはじまり、コロナで終わる。
というか来年もまだ続くのか、という感じで、
あまりおめでたい気分にもなれないのですが。

今年はコロナでみなさんと同様、私も家にいる時間が増え、
緊急事態宣言の頃は、テレビを見ても過去の番組を再編集したようなものばかりで、
あまりにもつまらなく(仕方ないのですが)、
今まで何が面白いの?と思って見たことがなかったYouTubeの楽しさに気づき、
「愛の不時着」見たさにNetflixに加入し、
さらに、顔見知りのJリーガーたちの試合を見たくDAZNにも手を出す始末。
ということで、
今年は、例年になく本を読まなかった1年となりました。
とはいうものの、
今年奈良にオープンした蔦屋書店には、休日にちょこちょこと出入りしておりまして、
行くと必ず本は買ってしまう。
私は、「本は出会い」と思っているので、
書店で目に留まったものがあれば、読みかけの本や未読の本があっても
ついつい買ってしまう。
で、今年最後に読もうと思って持ち歩いているのがこの本。

装丁(色)とタイトルに惹かれ、衝動買い。

今年、私のトレンドになっているサブスク動画に負けて
なかなか読み進まず、どのような内容かまだわからないのですが、
来年は少し、私も「毒」を持って生きてみようかなと思っております。

それでは、良いお年を。


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動