staff blog

おうちじかん

大阪制作室 辻です

うちの娘(小2)は暇さえあれば折り紙やペットボトル、
段ボールの切れ端を使ってものをつくる癖?があり、
我が家の絨毯には、掃除機で吸っても取れないくらい絡まった
テープや紙の切れ端が常時ついているのですが、
先日は大作に挑んだようで、段ボールを組み合わせて家を作っていました。
制作中は、かなり雑なつくりだなーと思いながら見守っていましたが、
色を塗り始めるとどんどんと見違えっていきました(親バカ)。

子供の想像力を育むためにも、こういった制作は歓迎したいのですが、
この手のものは作った後が問題で、出来栄えがいいほど処分しづらいんです。

そうでなくても、幼稚園や小学校で作って、描いて持って帰ってきた
作品の収納をどうしたらいいか悩んでいるところに、この大作です。

今のところ、中に入って遊ばれたりするわけでもなく、
ただただリビングの隅っこに鎮座しているダンボールハウス。
娘が飽きて次の作品の素材として使われるのが先か…嫁さんが処分してしまうのが先か…

しばらく見守りたいと思います。


comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページの先頭へ移動